HOME>コラム>介護の仕事に必要な資格と介護職に就くことの喜び

介護の仕事に必要な資格と介護職に就くことの喜び

女性

実務者研修の資格を取得すると有利です

介護の仕事をするにあたって、必須とも言われているのが実務者研修です。この資格は比較的最近できたもので、この資格がスタートしたのは2014年の4月からです。介護の資格としてはニュ門的な資格で、介護福祉士国家試験受験のために、介護に対する基礎知識や技術などを学ぶ位置づけです。専門的なもの,医療知識は必要ありません。2017年1月実施より後では、介護福祉士の受験には実務者経験3年と言う条件に加えて実務者研修の修了が必須となりました。介護者として働く人のスキルアップやキャリアップに欠かせない仕事です。この資格を取得しておけば、さまざまな介護職に就くことが可能で、訪問介護事業所にて、サービス提案責任者として働くことも可能です。

人形

実務者研修講座の流れを知りましょう

今や介護の仕事に就くためには、実務者研修の修了が必須です。この資格は介護士入門的な資格で、専門的なもの,医療知識は非強ありません。さて、介護職の仕事の魅力ややりがいはどんなものなのでしょうか。外見的に見ると、介護の仕事は、きつい・汚い・給料が安いと言われています。しかし、実際に看護師として働いてみるとこの仕事は高齢者の夢を叶える仕事であり、高齢者の身の回りの世話をすることで、高齢者から心から「ありがとう」と言われたときには喜びを感じます。また、高齢者を相手に介護していると、高齢者ならではの心のおおらかさや、優しさなどに触れ合えるのもやりがいにつながります。冒頭で、看護師の仕事はきついと紹介しましたが、実際に働いている人の声を聞くと、比較的、働き方を選ぶことが可能で、働きやすいのです。日勤のみの職場や残業なしの職場も見つかります。